orav

oravさんのプロフィール
orav
競馬歴 10年以上
好きな馬はゴールドシップ。
oravさんのプロフィール
orav
7日前
2020 平安ステークス(G3)回顧
京都ダート1900(右)

1着 オメガパフューム
2着 ヴェンジェンス
3着 ゴールドドリーム

◎マグナレガーロ 6着

終わってみれば、オメガパフュームの強さが改めて証明されたレースだった。2013年より距離1800から1900に延長されてから、上がり35,5は過去最速のタイムである事からも今が充実期である事を示していると言わざるを得ない。

これが長期休養明け緒戦、今年初レースかつメンバーで最も重い斤量59kgというのだから強いという他ない。恐らく次走は帝王賞(大井ダート2000)に進むと予想されるが、今回の内容をみれば連覇も現実味を帯びてきたのではないだろうか。

他馬に目を向けてみると、京都巧者らしく勝利寸前まで迫ったヴェンジェンス、堅実に3着を取ったゴールドドリームは人気通りに走った印象だ。

注目すべきは4着に入ったヒストリーメイカー(10番人気)、10着に沈んだロードレガリス(1番人気)を今後どう評価していくかだろう。

ロードレガリスに関してはまだ見切るには早計だろう。だが、今回道中前半から鞭が入っていた所からも気性面からなのま体調面か、多少の不安材料は残った形だ。オッズが極端に変わるのであれば狙い目かもしれない。

いずれにしても、先週に引き続きヒモ決着で本命が来ないという。。。悔しい。

マグナレガーロは6着だったが、位置取り的にもそこまで悪かったわけではなく、最後の二の脚が鈍かった印象。と言っても、前走が同じ京都ダート1900で1:58.4(上がり36.5)なので精一杯の競馬ともみれる。

これだけ高速決着が続くと重賞戦線は脚質的にもあ厳しいかもしれあないが、まだまだ今後の成長力に期待したい。